Column

コラム

  1. HOME
  2. コラム
  3. 造り付けの家具の魅力

造り付けの家具の魅力

造り付け家具の写真

造り付け家具はご自宅にございますか?
造り付け家具とは壁面に固定して使う家具のことです。
最もよく目にするものはキッチンに合わせた食器棚や洗濯機上に設置した吊戸棚です。その他にもTVボードや飾り棚などさまざまなものを造り付けにする場合があります。

メリットとデメリットの話

造り付け家具のコーディネート例造り付け家具のメリットを考えましょう。

まず地震で倒れる心配がありません。地震はいつ起こるのかわからない災害です。地震対策はしっかりしておきましょう。

また、隙間なくぴったりと納まる所もいいところです。隙間はフィラー材(ひも材)というもので埋めて施工します。隙間に埃がたまることもありません。さっと拭くだけで掃除ができるのは忙しく働く人にはとても魅力的ですね。

インテリアに合わせた色でオーダーでき、収納するものに対してサイズも調整できます。
既製家具(置き家具)を置いた時のちょっとした隙間ができてしまうのが気になる方にもお勧めです。

あわせて、デメリットも知っておきましょう。
デメリットは、家具を動かすことができないことです。引っ越す際には専門業者が必要となります。また、引っ越し先のお部屋にサイズが合わないことも考えられます。家具のレイアウトも容易にはできません。

決まった位置に置く家具でないと、造り付け家具は難しそうですね。

こんな時は造り付け家具を検討しよう

造り付け棚の施工写真

家具との壁の隙間が気になる時・・・
上部に降り積もる埃が気になる時・・・
収納物力をアップさせたい時・・・
地震対策に・・・

作り付けの家具を検討してみてはいかがでしょうか。

きっと収納力もアップし、見栄えもよくすっきりとした空間になりますよ。

参考写真
(上)/ Y様邸 ダイニングボード・食器棚
(中)/ モデルルーム内TVボード
(下)/ C様邸 WIC内 収納家具

ギャラリーにも弊社で担当したオーダー家具が多数掲載中です。チェックしてみてくださいね。
http://www.panoma.jp/gallery

(筆者:A.kunimatsu)

この記事を書いた執筆者
  • 國松 亜佐子
  • コーディネーター

思いやりを持って過ごす

家具や雑貨が好きでインテリアの専門学校に入学。その後、インテリアコーディネーターの仕事に興味があり、2005年にヨシノスペースに入社しま…