Column

コラム

  1. HOME
  2. コラム
  3. 入門編☆フラワーアレンジメント

入門編☆フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントの写真

フラワーアレンジメントというとセンスがないと難しいような印象を受けますね。でもポイントをしっかり押さえれば、簡単に華やかなアレンジメントが出来ます。

最近では、100円ショップにも造花が売られ、手軽に手に入れることができるようになりました。また、クオリティーをもとめるならFrancfrancなどのインテリア雑貨店で手に入ります。

生花よりもお手軽な造花でフラワーアレンジをしてみましょう。

造花はにおいを気にせず、好きな花を合わせることができるのでオススメ。

ポイントその① 空間に合った色を選ぼう

お部屋にあった色を選ぶのはもちろん、空間の雰囲気に合う印象のお花を選びましょう。

淡い色のフラワーアレンジメント優しい雰囲気を出すには淡い色合いで合わせると◎。

小物も丸いフォルムのものを合わせるとより優しい印象を与えます。

アクセントが淡いピンクだと春のような爽やかさも感じさせますね。

 

 

上品なフラワーアレンジメント

上品な雰囲気が好きな人には、

ゆりを基調としたフラワーアレンジメントがおススメです。

紫をアクセントに合わせると上品さに女性らしさがプラスされます。

 

 

 

 

ポイントその② フラワーベースを考えよう

フラワーやグリーンをそのまま飾っても華やかになりますが、フラワーベースに入れるとよりアレンジが楽しくなります。

フラワーベースの写真

フラワーベースとは花瓶や花器といわれるものです。フラワーベースにはさまざまな形があります。

  • 透明や不透明なもの
  • 白や黒、色付きのもの
  • 背が高いもの、低いもの
  • 丸いもの、四角いもの

様々なフラワーベースが売られています。

細長いものが一般的に多く使われている印象です。

またジョウロやかごといったもともとフラワーベースとして使用しないものにお花を飾るのも楽しいですね。

違うものをフラワーベースにした例

グリーンだけを入れて洗面に飾ったり、いろいろな花を入れて棚に飾ったり、アレンジの仕方はさまざまです。

透明のフラワーベースには、葉っぱや玉砂利を入れて茎を見えにくくアレンジしましょう。

葉っぱでアレンジしたフラワーベース

少しの手間で誰でも簡単にフラワーアレンジができるのがおわかりでしょうか。

あまり難しく考えないで、まずは自分の好きな花を好きな場所に飾ってみませんか。

どの花を合わせようか、
何色にしようか、どこに飾ろうか、

考えるだけでワクワクしてきませんか。

「いつもの毎日がより楽しくハッピーになりますように」

(筆者:A.kunimatsu)

この記事を書いた執筆者
  • 國松 亜佐子
  • コーディネーター

思いやりを持って過ごす

家具や雑貨が好きでインテリアの専門学校に入学。その後、インテリアコーディネーターの仕事に興味があり、2005年にヨシノスペースに入社しま…