Column

コラム

  1. HOME
  2. コラム
  3. 内装(インテリア)カラーを選ぶためのコツ

内装(インテリア)カラーを選ぶためのコツ

ホワイトベージュな内装カラーの写真

くつろげる家を作るために間取りも大事ですが、「内装カラー」の選び方は重要です。
新築やマンションを購入するときから内装のカラー選びは始まります。
新築マンションだと3タイプから内装カラーが選べたり、戸建でもいくつかパターンがあったりするのでどれがいいか悩むところです。

ステキだと感じた空間を選んでも、自分が好きなものを並べてみると「あれ?」っとチグハグなインテリアになってしまうなんてことも。

床やドアの色はリフォームを考えないと変えられるものではありません。
では、内装カラーを選ぶコツはないのでしょうか。

内装カラーは床と扉で決まる!

内装カラーはどのような色の組み合わせがあるのかまず考えてみましょう。

インテリア空間で一番面積が多い壁の色はほとんどの住宅の壁は白系またはベージュ系です。
どのインテリアにも合わせやすい様に、また長く居続けられて圧迫感を感じないといったところから明るい色が使われています。

壁はどの家もあまり変わらないということは、内装カラーは「床(フローリング)」と「扉(建具)」で構成されているといえますね。床はフローリングやタイルなどさまざまですが、基本的にはフローリングの木色が多いです。扉も木のシートで合わせるのが一般的です。
木色といってもたくさんあります。自分の家の木の色が何色かによってインテリア空間が左右される色でもあります。

では、最近よく見られる木色のフローリング3タイプご紹介します。

「ブラウン(ウォールナット系)」×「ダークブラウン」

ブラウン系の内装カラーの写真

最近流行っているウォールナット系のブラウンのフローリングの空間です。扉(建具)はダークブラウンで引き締まった印象を感じます。

最近はどこの家具メーカーにもウォールナット色が出てきています。フローリングにあわせた家具を置くと統一感が出てすっきりとまとまります。

扉がダークブラウンなのでメリハリ感が出ていますね。

「ホワイトベージュ」×「ホワイトベージュ」

ホワイトベージュの内装カラーの写真

明るいベージュ系のフローリングも最近も人気が高いです。

一般的にナチュラル色といわれる色よりも明るい白っぽいフローリングです。同系色の扉を合わせているのでどんな家具でも合いそうですね。

写真はブラウンレザーのチェアとガラステーブルを合わせています。モダンなすっきりとした空間になっています。先ほどは扉でメリハリ感を出していましたが、こちらは家具でメリハリ感を出しています。

「ブラウン」×「ブラウン」

ブラウン×ブラウンの内装カラーの写真

最後に濃いめの空間をご紹介します。フローリングも扉もブラウンでまとめた空間です。

先ほどより室内のメリハリ感は感じませんが、上品さが出ています。

この空間はグレーのタイルをアクセントに壁に装飾をしているので、高級感も感じられます。家具はダークブラウンであわせるとよさそうな内装カラーです。

内装カラーがきめられない!そんな時は家具から考える!

家を購入する際は、迷う内装カラー。ないものを想像するのはとても大変です。
また内装カラーを変えるためには、リフォーム工事になるため、簡単には変更できないものです。

迷ってきめられない!時は好きな家具をまず考えてみましょう。置きたい家具(実際持っている家具やショップなどで見つけた家具)が決まっていると、意外と内装カラーもスムーズに決まるものです。

ショップやネットから好きな家具をさがすのもいいですね。インテリアのイメージを膨らませて楽しみながら内装カラーを決めましょう。

弊社のギャラリーにもたくさんのコーディネート写真がありますので、参考にしてくださいね。

★ヨシノスペースギャラリーhttp://www.panoma.jp/gallery

(筆者:A.kunimatsu)

この記事を書いた執筆者
  • 國松 亜佐子
  • コーディネーター

思いやりを持って過ごす

家具や雑貨が好きでインテリアの専門学校に入学。その後、インテリアコーディネーターの仕事に興味があり、2005年にヨシノスペースに入社しま…